• Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』はじめました

Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』はじめました

今月から、Amazonの新サービス『Kindle Unlimited』が始まりました。

雑誌や漫画、その他の書籍などの電子書籍読み放題のサービスです。

既存でも様々な読み放題サービスがあり、その中でも雑誌のラインナップが豊富で安価な『dマガジン』への申し込みを検討していましたが、結局加入しないまま何か月も経過していました。

しかし先日、『Kindle Unlimited』の詳細を見てすぐに加入!!

現在は30日間の無料体験中です。

なぜこのサービスを選んだのか、使い心地などを書いていきたいと思います。

 

『Kindle Unlimited』 って何?

Kindle Unlimitedは、月額980円で豊富な対象タイトルの中から好きな本を好きなだけお読みいただけるサービスです。

Kindle Unlimitedに対応している本は、Kindle端末、FireタブレットおよびKindle無料読書アプリでご利用いただけます。お客様の会員登録期間中は、お客様がダウンロードした本を同時に10冊まで読むことができます。

Kindle Unlimited(無料体験を含む)をご利用いただいたことがない方は、Kindle Unlimitedを30日間無料でお試しいただけます。無料期間中にキャンセルをしない限り、無料体験期間後にKindle Unlimited 会員料金として月額980円が請求されます。

Amazon.co.jp

 

取扱書籍数は現時点で12万冊以上となっていますが、そのうちKindle本(Kindle ダイレクトパブリッシングという、誰でも電子書籍を出版できるサービスを利用して出版した書籍)も多数あるので一般書籍がどの程度あるのかは定かではありません。

kindle端末を持っていなくても、スマホやPCに専用アプリをインストールすることで利用できます。

 

『Kindle Unlimited』 を選んだワケ


読み放題サービスも色々ありますが、それぞれに特色があります。

検討していた『dマガジン』は、ファッション誌などの雑誌が豊富で月額も400円とお手頃。
その値段でこれだけの種類が読めればありがたいよね、気軽に読めていいよね、と申し込みをしようとしていました。

それに対して『Kindle Unlimited』は倍以上の月額で雑誌も少ししかありませんでした。

各社、雑誌のラインナップ詳細はこちらの記事が参考になります。
Amazonの読み放題Kindle Unlimitedがキタ!メリットや評判など確かめてみた

それでもなぜ『dマガジン』の申し込みに二の足を踏んでいたのか、
一方で『Kindle Unlimited』はすぐに申し込んだのか。

 

雑誌に強い『dマガジン』

『dマガジン』は美容院の待合で利用したことしかありませんが、アプリを立ち上げたらよく読まれている雑誌やファッション誌、ライフスタイル誌、とまず多くの雑誌が目に入り、オンラインで好きなものを感覚的に読み進められるような仕様になっていました。

本屋にいくとその時出ている興味のある雑誌を一通りチェックするので、
本屋に出向く手間なくいつでも開けるのは魅力的だと思いましたが…。

なにしろ、私のふにゃふにゃに弱い意思では、その『いつでも読める』がアダになる気がして申し込みができませんでした。

本好きで、活字に対する抵抗は全くありませんが、それでも比較すれば
文字ばかりの本に比べて雑誌や漫画は読みやすく、手が付けやすい。

むしろ、気になる見出しが目に入ったらついつい読んでしまいます。

現在それを契約していなくても、ついついネットニュースを開いてそのままネットサーフィンしてしまったり、
気が付いたらまとめサイトやブログを読みふけっていたりするので、

そんな時間が増えてしまって自己嫌悪感を増やしてしまうような気がしていたからです。

もちろん上手に時間が使える人はそんなことにはならないのでしょうが、
ただでさえ意思が弱く時間の使い方が下手なタチなので、時間の整理を意識しなければ
無意識に流されて好きなことばかりをしてしまいます。

雑誌には役立つこともたくさん書いてあるし、『情報』を仕入れることも大切なのだけれど、
雑誌や漫画の私の中での位置づけは『娯楽・嗜好品』なので、

隙間時間の息抜きにコーヒーを飲みながら、とか一日の終わりに落ち着きながらめくるような付き合い方が望ましいのですが、
いつでもどこでも好きなだけ読めるということは、私にはただ誘惑でしかないような。

おおげさですが。

とはいえとても魅力的なサービスなので、
自分の中で取り組むべき一つの大きな課題である時間の整理を
今よりも上手にできるようになったら是非利用してみたいと思っています。

 

書籍が豊富なKindle Unlimited

ところが『Kindle Unlimited』はそんな誘惑の源の雑誌が少ない。
それに他のサービスと比べて漫画のラインナップも少なめです。

ですが、ビジネス書や実用書のような書籍は豊富にあります。
kindleで発売している全書籍というわけではなく、そのうちの限られた範囲の中ではありますが、
ザっと目を通しただけでも今すぐ読みたいと思える本が沢山ありました。

むしろ、電子書籍で購入済のものもいくつも…。

本好きと名乗っておきながら、近くに通いやすく蔵書が豊富な図書館が無いことや、本を増やしたくないことを言い訳に読書から遠ざかりつつあり、ごくたまに購入する電子書籍と本屋で立ち読みで読み切ってしまうくらいしか本を読んでいなかったので、フラストレーションが溜まりつつあった今日この頃。

腰を据えて読書が楽しめそうなサービスを見つけました。

 

使ってみたら、電子書籍と図書館のいいとこどりだった!

もちろん、読みたい本が全部あるわけではなく、限られた中でという前提です。
肝心の使用感ですが、これが電子書籍と図書館のいいとこどりをしていて、私にはなかなか良かったのです。

中でも一番良かったのが

10冊までライブラリに保存できる。というかむしろ10冊までしか同時進行で見ることができない。

というところ。

dブックスなどは、見たい雑誌をクリックすればオンラインで開くことができて、別の雑誌に移ったり一旦閉じてもまた次に開いたときに、自分が見ていた場所から見ることができたりしました。
実際に自分が加入して使用した訳ではないので、細かい使用感はわかりませんが、オンラインで好きなものを何でも見れるようなつくりになっていました。

一方『Kindle Unlimited』は、読みたい本があったら、販売している電子書籍と同じように、『読み放題で読む』というボタンをクリックして一旦購入というような形をとるとライブラリに追加され、その後本の内容を端末にダウンロードすることによって読むことができるようになります。

そして、10冊を超えて読もうとすると、『本の利用を終了して続ける』という表示が出て、既にライブラリにある本のうちいずれかの利用を終了しなければ新たに本を追加することができない仕組みです。

その結果、こんなメリットがありました。

返さなければ次が読めない
→中途半端に色々なものに手を付けすぎることなく、集中して読みきることができる
→ライブラリに本が溜まらないので、整理する必要がない

1度に10冊まで選択できる
→気分によって本を変えたり、並行して数冊読むような場合にも10冊もあれば充分

いくら読んでも金額が変わらない
→リスク無く様々なジャンルに挑戦できる

端末にダウンロードする
→スマホ・PCからアプリでいつでもどこでも利用できて、オフラインでも読める

 

今後の課題

今までも電子書籍は利用してきましたが、やはり1冊ごと購入するサービスとは勝手が違います。

ちなみに、今までは主に楽天koboを利用していました。楽天ユーザーなのでポイントが溜まるペースが早かったりクーポンを利用できたりするメリットがあるからです。

そして楽天koboもKindleも、文章を指でなぞるだけでマーカーを引くことができて、それを一覧で確認することができるハイライトの機能がついているので、気づきがあった部分や大切だと感じた部分に印をつけて、ひととおり読んだ後にも大切な部分を確認できるようにしていました。

電子書籍は紙の本のようにパラパラと全体を見通すことが難しいので、これを活用しなければ毎回必要な内容を目次から探したり、全体を順番に読むようなことになってしまうからです。

今回も『Kindle Unlimited』を利用して本を読みながらマーカーを引いていてふと気が付きましたが、
利用が終了したら情報を消さなければいけないので、当然自分がチェックをした情報も一緒に消えてしまう。

マーカーを引いた履歴を残しておくためには個別で購入しなければいけないのですが、
気づきがある度にすべて購入していたら、大変なことに…。

元々図書館で借りたり本屋で立ち読みする中で、
『これは手元に置いておいて読み返したい!』
と思う本を電子書籍で購入する習慣があるので
変わらないといえば変わらないのですが、

せっかく読んだのなら内容を引き出せるように残しておきたいと思ってしまいます。

というのも、絶望的に記憶力が悪く一年前に見た映画のストーリーが少しも思い出せなかったり、
一度読んだ本を読んだことを忘れてまた借りたりするところがあるから尚更なのですが…。

このあたりの悩みをどうやって解消して上手に利用していくかが今後の課題かな…と考えています。

 

読書は楽しい

まぁ、難しいことは抜きにして…。

本を読むことは楽しいです。
30年以上生きてきて今更ですが、本好きの自分にとって、本を読むことが一番効率のよい『学び』なのだと気がづきました。

誰に強要されるでもなく、嫌々でもなく、ただ好きでワクワクすることで、同時に学びが得られるってなんてお得なんだろう、と。

早速利用を始めた『Kindle Unlimited』で下の2冊を読んだのですが、もう沢山本が読みたくてウズウズしています笑

好きなことでも、お金や手間がかかる状態では、かなりの情熱がなければついつい足が遠のくものだと思います。
そのあたりの心配が要らないとかなりハードルが下がります。
本好きな方も、活字は少し苦手だけど習慣付けたいと思っている方も是非。

 

 


▽今すぐ本が読みたくなる、読書の効果がよく分かる2冊▽

 

Pocket


▽▽Follow Me▽▽

follow us in feedly

Instagram


▽▽ランキングに参加しています▽▽ 応援クリックお願いします♫

シンプルライフ(プロ・アドバイザー)ブログランキング



スポンサーリンク
2016-08-19 | Posted in No Comments » 

関連記事